2013年07月18日

暑くなったと思ったら昨日今日あたりは幾分おさまったような...いや麻痺しているだけなのか。

「LEAP Motion」が今月22日に発売されます。「LEAP Motion」って何じゃいというと、



内蔵されているセンサーで指の位置を細かく認識してパソコンにクリックやズームなどの指令を与える

ヒューマンインターフェースデバイスです。

これ外観もすごく良いしコンパクトでかなり魅力的だなぁと思うのですが、

USB接続ではなくてBluetoothなど無線対応になるともっといいと思いました。 

このような素晴らしい技術が詰まった製品ですが、価格も$79.99と安めなのも驚きです。


さて、「ヒューマンインターフェースデバイス」と聞いてNXT通ならある製品を思い浮かべたでしょうか。 

mindsensors社のNXTHID、 NXT Based Human Interface Deviceです。

NXTHID_w250_1 NXTからPCに指令を送ることができるデバイスで、

 これを使えばパソコンの代わりにNXTに自動で文字入力させること

 だってできます。

 以前にトレインシミュレーターをコントロールする運転台を作りました...



これを使ってLEAP Motionと似たようなことができないかと妄想中で、

例えばNXTCamを上下・左右から2台照射し、そのデータを組み合わせて指の位置を3次元に起こせないか...など。

ただ一つ残念なのはNXTHIDが販売終了しているところですね... 

3T Robotthreet_robot at 07:22│コメント(0)トラックバック(0)Privacy │

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字