レビュー

2013年11月05日

11月に入って気温も下がってきましたね。

日本時間1日の早朝(午前3時)、Googleがnexus 5を発表しました。

早速5時起きで注文し、3日の午前中に自宅に配送されてきました。シンガポールから。

IMG_20131103_185347IMG_20131103_185525

nexus 5 はCPUがSnapdragon 800、メモリは2GBで、ディスプレイは19020×1080のIPS液晶です。

個人的にはデザインが気に入っていて、特に背面のマットな仕上げが良いです。

金属やすべすべなプラスチックに比べて滑りにくく、持ちやすいです。

注文したのは16GBのブラック。SIMロック無しで39,800円でした。

IMG_20131103_185803

箱のなかにはnexus 5本体と説明書、SIMカード取り出し用金具、microUSBケーブル、ACアダプターが入っていました。

ちなみにSIMカードの大きさはmicroSIMです。(nano SIMという噂もありましたが...)

起動するとセットアップ画面が現れますが、まずアップデートのダウンロードをしなくてはいけませんでした。

およそ140MBもあるのでWiFi環境で行ったほうがいいかと思います。

起動が完了するとホーム画面が現れます。Android 4.4 KitKatの画面です。

IMG_20131103_192349Screenshot_2013-11-03-19-33-44

nexus 5 はGoogle純正なので、キャリアの発売している携帯とは違って

元からインストールされているアプリの数はとても少なく、「Pure Android」が楽しめます。


ここで、2日間使ってみた感想

バッテリーですが、画面をつけていない時のバッテリーの減りはかなり抑えられていると思いました。

一方で実際に使用しているときは、結構バッテリーは減ります。画面が綺麗なのが影響していますね。

動作はサクサクそのもので、ブラウジングやアプリの切り替えにラグは全くありません。

あとは、今までカスタムROMを入れていたからかもしれませんが、意外とPure Androidでは設定できることが少ないような気がしました。 

これはCyanogenmodなどがnexus 5に対応するのを待つしかありませんが...


SIMカードはsoftbankのiPhone5に入っていたnano SIMカードを変換して挿して使っています。

LTEにも接続でき、快適な速度で使えています。やはりLTEは速かった... 

iPhone5のSIMカードでは2.1GHzのLTEと2.1GHz、900MHzのUMTSが使えるので、softbankエリアでは全域使えます。

なお、nexus 5はdcomoもFOMAプラスの帯域にも対応しているので、MVNOのSIMカードではかなり広いエリアで使えそうです。 


その他。

nexus 5のアクセサリを注文し、ただいま到着待ちです。

$(KGrHqV,!q8FJTtcfSQwBSctVWcdTw~~60_121S243C_bessky

一つはカバー。ebayで注文しました。 薄くて軽く、デザインも変わらない感じのものを選びました。

価格は$8.99。

もう一つはワイヤレス充電器です。これもebayで注文。

斜めに角度がついているのでスタンドとしても使えそうなのでこれにしました。デザインもスッキリしていていいですね。

価格はAU$23.45。


アクセサリは届き次第レビューしますのでお待ち下さい! 

→アクセサリのレビュー記事はこちら
 nexus 5 Specifications

CPU  2.26GHz Snapdragon 800
GPU  Adreno 330
RAM  2GB
ネットワーク  4G LTE,3G,2G
SIMカード microSIM
ディスプレイ  4.95 inch 1080p IPS
カメラ Rear : 8MP (手ぶれ補正)   Front : 1.3MP
バッテリー 2300mAh、ワイヤレス充電
重量 130g
Bluetooth 4.0、NFC、WiFi a/b/g/n/ac
メモリ 16GB / 32GB


3T Robotthreet_robot at 22:02│コメント(2)

2011年08月13日

昨日は更新省略ですみませんでした。。

さて、昨日はまず近くの電機屋へ。

実は結構前から「Android」に興味があって、

Windowsにはない新しい面白さがあるのかなー…とか思ったりしてました。

そんなわけで、AndroidのストレートPCに目がいく訳ですね。

ちょうどタイミングよくキャンペーンとかやってたもんで、普通に買うより9000円くらい安く手に入りました。

価格.comもこれには勝てなかったようです。

商品名は「ICONIA TAB A500」。(メーカーは台湾・Acer…メインPCもAcer製です)

「タブレットには、デザインだけいいものと、中身と価格が優れたものがあります。」 というやつですね。

キャッチコピー通り、ハイスペックでかつ低価格のタブレットです。(メーカースペックページ)

DSC00113DSC00119DSC00114

(ついでに角度の変えられるスタンド)

よく比較されるAndroidタブレットとiPad:Apple製タブレットですが、何が違うかというと…

完成度としてはiPadの方が高いです。そして軽量・薄型です。

一方AndroidはiPadでは見られないFlashを閲覧することができます。

セキュリティではiPadの方がアプリの検閲が入るため高くなっています。

Androidでは「自由なアプリ構築」ができ、自由に制作・公開ができます。(たまには悪意のあるものもあります)

僕はAndroidにしましたが…人それぞれだと思います、ここは。


ちなみにICONIA TAB A500ですが、バイブレーションが入っていたのが少し嬉しいところ。

Gmailの新着メッセージやGoogle Readerの新着RSSがあれば振動させています。

BluetoothでNXTとの通信・制御・データの送受信もできるようです。無線のキーボードも接続できます。 

BlogPaintDSC00117

Gmailは大画面で見やすいです。 GPSとコンパスが入っているのでナビやマップも表示可能。

フロントカメラは200万画素、メインカメラは500万画素でLEDフラッシュもできるようです。

デフォルトではAndroid3.0ですが、アップデートでバージョン3.1にできます。

…というタブレットです。

第一の課題はこれでブログの更新がPCと同様にできるようになることでしょうかね。

3T Robotthreet_robot at 23:02│コメント(4)トラックバック(0)

2011年06月01日

LEGO系のことばっかり書いてたらアクセス数が激減したので(^_^;)、今日は普通に書きます。

この前書きましたが、実は明日はアメリカ史の発表。(分野は南北戦争)

で、その発表の時に、流したい音声があるんです。

しかーし。普通にスピーカーで流したのでは、音量が致命的に小さい。

そこで、ipod外付けのスピーカーを探しに行ってきました。

学校帰りに電機屋によったのですが、所持金が1000円ちょっとだったので購入を断念。

一旦家に戻って、PCで下調べ。なるほど、価格帯は1500円~5000円くらいか。

再度電機屋へ(・∀・)。今度は自転車。

で、購入したのがコレ。「iBlock」です。1980円ナリ。

CIMG5431CIMG5432

レゴ、みたいですがポッチの寸法は違います…。でも、かわいい!

早速つないで鳴らしてみました。

音量は中央の2ポッチを押すことで調節します。(ipod側からは調整できない)

スピーカーにはアンプが内蔵されていて、電力はipodからのバスパワーで供給されます。

ちゃんと、音量が大きく聞こえます。音質は気にしないとして。

最大音量にすると、かなり音量が出ます。というかうるさいくらい。

僕の用途にはぴったりでした(^^)

では、明日使わせていただきま~す。


3T Robotthreet_robot at 22:59│コメント(2)トラックバック(0)